HOME > ユーキャンの出版物 > 個人情報保護士 > サバキの実戦活用法

ユーキャンの出版物

個人情報保護士

サバキの実戦活用法

サバキの実戦活用法
  • 通常販売
  • 石倉 昇
  • 本書を読めば相手の構えを楽に荒らすことができて、勝ち星が倍増します。

  • 定価 1,728 円(本体 1,600 円 + 税)
    A5 判/ 240ページ
    2011年06月17日 発行
    ISBN 978-4-426-70016-4
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

 本書では模様や厚みの消し、荒らしを成功させるサバキの方法を分かりやすくお教えいたします。まず、大切な考え方として、相手の強いところで一仕事するのですから、真正面から戦わないということを心がけてください。ではどうすればよいでしょうか。実は、相手の攻めを上手にかわし、最小の犠牲で最大の効果を上げる打ち方があるのです。そのキーワードは<ツケ>、<ナナメ>、<捨て石>の3つです。これを組み合わせて応手すれば、たいていの場合、サバキを成功させることができます。
本書では、この3つのキーワードを実戦のいろいろな局面に活用する方法を具体的にお教えしています。

「サバキの実戦活用法」 6つのテーマ

第1章 打ち込みから軽快にサバく
第2章 ツケから連続技で整形する
第3章 模様を消す好テクニック
第4章 弱点をついて楽にサバく
第5章 捨て石の巧妙な使い方
題6章 体をかわす打ち方

著者紹介

石倉 昇 (いしくら のぼる)

石倉昇九段   昭和29年6月22日生 神奈川県横浜市出身 昭和55年入段、平成12年九段 昭和51年:全日本学生本因坊戦優勝(東京大)昭和60年:平成元年:11年:16年:21年NHK囲碁講座講師 平成20年:東京大学教養学部附属教養教育開発機構寄附研究部門の客員教授就任 著書多数。

ページの先頭へ