HOME > 趣味・生活実用 > 健康法 > 開運と健康の黒竹棒

趣味・生活実用

健康法

開運と健康の黒竹棒

開運と健康の黒竹棒
  • 通常販売
  • なかやま うんすい
  • ころがすだけで人生が変わる!

  • 定価 1,728 円(本体 1,600 円 + 税)
    B5 判/ 32ページ
    2017年06月24日 発行
    ISBN 978-4-426-12257-7  雑誌コード 69871-72
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
「軽くころがす」だけで人生が変わる! 
「開運」と「健康」をだれでも〝一挙両得〟できるスゴ技
『黒竹棒ローリング』を紹介する初めての本。
 
◆本書「はじめに」より一部抜粋
 
私は10歳の頃から占いに興味を持ち始め、少しずつ勉強を始めてから、あっという間にもう50年が過ぎました。
今でも研究することが山ほどあり、姓名学を中心に、占いの道は険しく高いものだと考えています。
 
長い間、多くの人たちの相談を聞いてきた中で、最も多くの人たちに共通している願いは、
 
「運が良くなりたい」と「健康になりたい」
 
の2つです。飛び抜けて多い願望です。確かにその通りだと思います。
どんなに大金に恵まれたとしても、不運ならば悲しい人生となってしまいます。
家庭内でいざこざが絶えなかったり、離婚や、死別など、孤独になってしまう人もいます。
突然の事故や事件に巻き込まれ命を落とす人も少なくありません。
また、莫大な財を築いても、大病を患い、
最新医療を求めて、最先端の病院を訪れたり、海外に渡る人も珍しくありません。
どんなに高度な医療を高額を払って受けたとしても悲しい結果となるケースは増えています。
それほど、最近の病は複雑で、しかも急速に進行するものが多くなっているのです。
 
私は、「運」と「健康」を運命学の立場から長年研究してきて、これまでに数々の開運の方法を公開してきましたが、
その中の一つで、長い間、私の周りの人たちに何年もかけて実践してもらい、
素晴らしい結果を生み出している方法を初めて今回本書に書きました。
 
この本に書かれている内容は、驚くほど簡単で、驚くほど効果が期待できます。
高野山や熊野古道で知られる和歌山日高町の黒竹(くろちく)を使った
「黒竹ローリング棒」による「開運法」と「健康法」です。
 
「開運」のための「黒竹ローリング棒」は、両手の掌の間でコロコロと転がして使います。
人間の掌には想像を絶するほどの神秘の力がうごめいています。
そこを黒竹棒で刺激することで「財運」「知力」「学力」「恋愛運」「愛情運」「仕事運」「成功運」「美容」「ダイエット」などがどんどん活性化して、
あなたの運勢へと働きかけます。
実際に何年も前から試験的に実践してきた人たちに大きな変化が起きています。
結婚や金運、出世など、これまでの生活からではありえない変化が起こっています。
 
「健康」のための「黒竹ローリング棒」は、足裏でコロコロと転がして使います。
一日約5分間ほど黒竹棒ローリングすることで、
腰痛、胃腸、頸椎、関節痛、鼻炎等々にさまざまな改善効果を生みます。
中でも腰痛や胃腸炎は、実際に行った人から喜びの声が上がっています。
 
 
「一家4人がそれぞれ黒竹棒を手放せない」「今まで色々な健康法にお金を使ってきたけれど、これが一番」「旅行に行く時にも必ず持っていきます」
こういった多くの声があります。
あなたもぜひ実践してみてください。必ず納得がいくことでしょう。
 

著者紹介

なかやま うんすい
占術家、文字学研究家/開運・健康アドバイザー
幼少時の大病を占術によって克服後、運命学、霊占術を独学で学び、13歳で既に多数の信奉者を集め話題となる。
その後、日本のみならず中国においても、中国占術で最も難解と言われる姓名学を研究。
画数と文字の運命の因果関係を研究し、なかやまうんすい姓名学理論を確立。
40年以上に渡って10万人以上を鑑定。著書は何冊もベストセラーとなり、最近でもAmazon 占いカテゴリ売れ筋ランキング1位を記録している。 運勢判断とともに顧客から最も相談の多い健康に関しても、長年の研究・実践を続け、読者待望の「開運」と「健康」をともに叶えることができる本書発売へと至る。
占術の第一人者として、テレビ、ラジオ、雑誌でも幅広く活躍している。
著書は、『願いがかなう幸運象形文字』(自由国民社)、『知るのが怖い! 名前によい文字悪い文字』『こんな漢字を名前に使ってはいけない』(以上、河出書房新社)、『社名が悪いと会社が危ない』(角川書店)など約80冊。
 
ページの先頭へ