HOME > 社会・経済・人文 > 経済・ビジネス > 企業不祥事・危機対応 広報完全マニュアル

社会・経済・人文

経済・ビジネス

企業不祥事・危機対応 広報完全マニュアル

企業不祥事・危機対応 広報完全マニュアル
  • 通常販売
  • 広報PR・危機対応コンサルタント  山見 博康
  • マスコミ対応から社内体制づくりまで、あらゆる危機局面の社内外実務一切を網羅した決定版! 

  • 定価 3,780 円(本体 3,500 円 + 税)
    A5 判/ 640ページ
    2013年04月19日 発行
    ISBN 978-4-426-11461-9
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

 ◆佐々淳行氏推薦! 

「“1つ間違えれば会社は沈む"極限状態の担当者を導く企業防衛の羅針盤だ。」
 
◆マスコミ対応から社内体制づくりまで、あらゆる危機局面の社内外実務一切を網羅した決定版! 
 
◇会社が不祥事など危機時の対応を誤ると取り返しがつかないことになります。マスコミが、ネットの口コミが、瞬く間に企業の運命を左右してしまいます。
◇多数の企業における豊富な指導経験をもつ企業広報コンサルタントが、もっとも正しい、安全に危機を乗り切る方法を体系化し、すぐに使えるマニュアルとしてわかりやすく解説。厳しい現代を生きぬきたいすべての企業経営者・広報~総務担当者必読です。

著者紹介

広報PR・危機対応コンサルタント  山見 博康 (やまみ ひろやす)

1945年福岡県生まれ、63年福岡県立嘉穂高等学校卒業
68年九州大学経済学部卒業。同年(株)神戸製鋼所入社、人事部、鉄鋼国内販売・輸出部の後、77年カタール国営製鉄所建設操業に従事。ドーハ駐在を経て79年より秘書室広報係長(東京)から一貫して広報に携わる。
81年広報課長(神戸)。85年日豪政府協力事業「褐炭液化プロジェクト」に従事。メルボルン事務所副所長として豪州(メルボルン)駐在、日豪マスコミにも対応。
89年秘書室広報次長(神戸)として帰国し、91年広報部長(東京)に就任、全社を統括する。
94年ドイツ・デユッセルドルフ事務所長。特に95年の阪神大震災では日欧マスコミにも対応。
97年スーパーカー商業化ベンチャー企業および経営コンサルティング会社に出向。
中小企業経営を学んだ後、02年山見インテグレーター(株)設立、代表取締役。

■企業や団体への広報PR・危機対応に関するコンサルティングを中心に、メディアトレーニング、セミナー講師、執筆活動などを行う。豊富な経験に基づく実践的な内容が好評。

目次

第1章 広報の本質と企業における役割について
第2章 企業倫理 コーポレートガバナンスとコンプライアンス
第3章 報せる手段としてのメディアとは
第4章 企業危機対応とは何か・その事前対応
第5章 危機には「7つの直」で対応する
第6章 危機の種類別の対応法プロセスフロー
第7章 情報マスターからQ&Aまで・ 必要書類の作成法
第8章 記者発表・インタビュー時の立ち振る舞い
第9章 記者会見の仕方実践指導
第10章 広報効果測定に関する基本的考え方
第11章 国際ビジネスにおける危機対応
第12章 危機対応を支援するPR会社とは
第13章 記者とのコミュニケーション・日々の心得
第14章 危機対応マニュアルの作り方
第15章 危機対応の達人へ
巻末付録
ページの先頭へ