HOME > 法律実用・学習書 > くらしの法律・人生設計 > 夫婦ではじめる快適老後の生活設計

法律実用・学習書

くらしの法律・人生設計

夫婦ではじめる快適老後の生活設計

夫婦ではじめる快適老後の生活設計
  • 通常販売
  • 監修 /  溝口 博敬
  • 老後は夫婦が仲良くないと破産する⁉
    この1冊で老後の不安は解消!

  • 定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)
    A5 判/ 208ページ
    2018年08月09日 発行
    ISBN 978-4-426-12463-2
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
◆本書「はじめに」より抜粋
 
 内閣府の調査によると、「老後の生活設計について不安を感じている」と答えた人はどの世代でも上位にきます。特に40代、50代は近い現実として切実です。また、「今後の収入や資産の見通しについて」や、「自分の健康」、「家族の健康」について不安を感じている割合も高く、老後、お金、健康についての関心の高さが伺えます。
 この本では「お金」「年金」「医療」「介護」「相続」「お墓」と今、夫婦で話し合わなければならない問題を項目別に整理することにより夫婦で話し合うためのポイントをまとめました。
 この本がご夫婦の話し合いのきっかけになり、老後の準備を進めるうえでの手助けになれば幸いです。
 

著者紹介

監修 /  溝口 博敬 (みぞぐち ひろよし)
特定社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー。
日本大学経済学部経済学科卒業。平成15年、溝口社会保険労務士事務所開業。その後、年金相談、執筆活動、退職金制度見直し計画から設計等を主な業務とする。情報誌「1010」(草隆社)にて「損をしないための年金術」連載、「週刊文春増刊・わかる年金」(共著、文芸春秋)、「シニアライフ大百科」(共著、法研)、「離婚時年金分割の考え方と実務」(共著、民事法研究会)。
 

目次

第1章 老後の暮らしについて夫婦で話し合おう
第2章 足りない資金は働いて補おう
第3章 年金はいくらもらえるのだろう?
第4章 病気になったらいくら必要なのだろう?
第5章 自分たちの介護について話し合っておこう
第6章 相続について話し合っておこう
第7章 葬儀とお墓について話し合っておこう
ページの先頭へ