HOME > 法律実用・学習書 > 借地・借家関連 > 【新版】サービス付き高齢者向け住宅開設・運営ガイド

法律実用・学習書

借地・借家関連

【新版】サービス付き高齢者向け住宅開設・運営ガイド

【新版】サービス付き高齢者向け住宅開設・運営ガイド
安心・満足・地域密着で選ばれる住まいづくり
  • 通常販売
  • 田中 元
  • 最新法改正に対応。大競争時代に勝ち残る「サ高住」をつくるには?
    あんしん・満足・地域密着で選ばれ、長続きするサ高住経営の秘訣!

  • 定価 2,160 円(本体 2,000 円 + 税)
    A5 判/ 224ページ
    2016年12月14日 発行
    ISBN 978-4-426-12174-7
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

●サ高住とは?
サ高住とは、60歳以上(あるいは要支援・要介護)の人を入居対象に、バリアフリー構造など一定の基準を満たしたうえで、最低限「安否確認と相談援助」のサービスを提供するという賃貸住宅で、「高齢者住まい法」の改正により平成23年10月から登録制度が始まりました。厚生労働省が推進する「地域包括ケアシステム」の中核となることが期待され、整備が推奨されています。

●急増したサ高住
サ高住は平成24年4月に約3万戸だったものが平成28年4月には20万戸へと急増しています。それに伴い空き室の問題、質の悪い業者の参入なども指摘されており、競争時代に入っています。

●入居者に喜ばれ、勝ち残るサ高住の開設と運営
本書は、このサ高住の基礎知識から計画立案、開設、実際の運営、成功する経営ビジョンの立て方まで徹底解説。 サ高住の登録要件、居室・設備、補助金・融資等の内容、サービス内容、立地調査の仕方、高齢者のニーズ、地域密着のサービスづくり、 人材確保と人員配置、サービススキル、医療・介護サービスとの連携など、登録までの手続きノウハウにとどまらず、建設からサービス確立までの総合的なマネジメントに重点を置き、真の意味で地域社会の拠点になるためのノウハウをくわしく解説しています。

平成27年4月の高齢者住まい法省令改正、平成28年8月の分権一括法に伴う高齢者住まい法省令改正など、最新法令改正に対応しています。

これからサ高住参入を考える介護事業者、医療事業者の方、不動産事業関連の方、土地の有効活用を考えたい方などにお勧めです。

著者紹介

田中 元 (たなか はじめ)

昭和37年群馬県出身。介護福祉ジャーナリスト。立教大学法学部卒業。出版社勤務後、雑誌・ 書籍の編集業務を経てフリーに。主に高齢者の自立・介護等をテーマとした取材、執筆、ラジオ・ テレビ出演、講演等の活動を精力的におこなっている。『おはよう21』『ケアマネジャー』(中央 法規出版)などで取材・執筆をおこなうほか、著書に『スタッフに辞める! と言わせない介護現 場マネジメント』『安心で納得できる老後の住まい・施設の選び方』(自由国民社)、『図解 2015 年介護保険“大転換"で「現場の仕事」はこう変わる! 』(ぱる出版)、『現場で使えるサービス提 供責任者便利帖』(翔泳社)、など多数。

目次

第1章 サービス付き高齢者向け住宅とは何か?
第2章 サ高住の登録手続きと制度面のポイント
第3章 地域密着を図るためのサービスのつくり方
第4章 計画立案から開設までの進め方
第5章 入居者に選ばれる運営の実際
第6章 医療・介護サービスとの連携
巻末付録
入居契約書の例
準ずるバリアフリー基準告示
サービス付き高齢者向け住宅登録窓口一覧

ページの先頭へ