HOME > 法律実用・学習書 > 家と土地・不動産登記 > 買ってはいけない家と土地

法律実用・学習書

家と土地・不動産登記

買ってはいけない家と土地

買ってはいけない家と土地
  • 通常販売
  • 土地家屋調査士  高橋 輝
  • リスクの高い物件を買わないために

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 240ページ
    2015年12月16日 発行
    ISBN 978-4-426-11980-5
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
物件を選ぶとき、ほとんどの方は、どうしても「建っている建物」だけに目が向いてしまうようです。
毎日の家事がしやすかったり、自分好みの雰囲気の中で暮らすことを想像を巡らせることも確かに大事なこと。
でも、安心して住めるマイホームを選ぶなら、「建っている土地の価値」もしっかり見極めることが大切です。
 
この本は、これからマイホームの購入を検討されている方に向けて、
不動産を購入する時に大切なこと、物件を選ぶ時に知っておいた方がいいことを伝えるために作りました。
土地に関すること、新築一戸建て、中古一戸建て、新築マンション、中古マンション、注文住宅、建築条件付き土地など、
物件の種類ごとにチェックすべきポイントとリスクを解説してあります。
物件選び以前に知っておくといい、不動産業者や取引のこと、家族に関することなども説明しています。
 
建て替えできない、住宅ローンの審査が通らない、将来、資産価値が大きく落ちるに違いない、 購入後に思いがけない出費がある……。こんな物件は確かに存在します。
 
不動産業者・モデルルーム・住宅展示場に行く前に、
マイホーム探し初心者が知っておきたい不動産の知識をまとめたこの一冊を、
リスクの高い物件を買わないようにするために、ぜひご一読ください。
 

著者紹介

土地家屋調査士  高橋 輝
土地家屋調査士。埼玉土地家屋調査士会所属。民間紛争解決手続代理関係業務認定取得。
日本大学卒業後、住宅販売会社に営業職として勤務。その後、土地家屋調査士事務所に勤務した後、独立。
土地、建物の調査・測量・登記手続き案件を数多くこなす。特に税理士・司法書士等、他士業との連携を図り、「相続対策の測量・登記業務」に力を入れている。
他に測量士、宅地建物取引士、マンション管理士、マンション管理業務主任者、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
監修書に「自分でできる不動産登記」(自由国民社)がある。
 

目次

第1章 不動産をめぐる人とお金 不動産業者は敵、味方?
第2章 悪夢の土地、幸せに暮らせる土地 土地の場所と使い勝手から考えてみよう
第3章 家が建たないこともあるから 敷地と道路について知ることも大切
第4章 着工前に買う? 建物を見学してから買う? 新築の土地付き一戸建ては魅力がいっぱい
第5章 新築よりトクという人もいるけれど…… リスクの高い中古の土地付き一戸建て
第6章 あこがれの注文住宅と、建築条件付き土地を契約するときの注意点
第7 章 マンションは古すぎず、小さすぎず みんなが住みたがる間取り・物件がいい
第8 章 愛する家族のためのチェック事項
第9 章 やらなければ不安、やってみたらもっと不安になるかもしれない物件調査
ページの先頭へ