絵本・児童書

その他のメッセージ絵本

あの夏の日

長崎のこころを永遠に伝える絵本
あの夏の日
Nagasaki, August 9, 1945
  • 通常販売
  • 絵・文 /  画家・絵本作家  葉 祥明
  • 定価 1,728 円(本体 1,600 円 + 税)
    A4 判/ 48ページ
    2000年07月23日 発行
    ISBN 978-4-426-88306-5
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

 2000年は被爆55周年という節目の年。
長崎に原爆が投下された「あの夏の一日」を、長崎市の協力のもと、葉 祥明さんが平和への祈りを込めて、壮烈なタッチで描きました。
平和な生活を一変させた、原子爆弾の恐ろしさが伝わるとともに、すべてを受け入れたナガサキのこころが感じられる絵本です。
全・英訳付。
帯には、吉永小百合さんから以下のメッセージもいただきました。
「核兵器も地雷もない ほんとうの平和がくることを願っています。長崎からの深い祈りを 世界の人々に伝えてください」

著者紹介

絵・文 /  画家・絵本作家  葉 祥明 (よう しょうめい)

1946年、熊本市に生まれる。1990年、創作絵本『風とひょう』でイタリア・ボローニヤ国際児童図書展グラフィックス賞を受賞。
1991年、神奈川県北鎌倉に「葉祥明美術館」を開館。
1992年、オリジナルキャラクター「JAKE」が、ふみの日記念切手に採用される。
1995年、旧ユーゴの子ども達とのジョイント展(難民を助ける会主催)に参加。
1996年、絵本『地雷ではなく花をください』をボランティア活動として描く(日本絵本賞読者賞を受賞)。
1998年、創作絵本『森が海をつくる』第8回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞受賞。
主な作品は『朝の光の中で』(愛育社)『あいのほし』(偕成社)『イルカの星』(佼成出版社)『おなかの赤ちゃんとお話しようよ』(サンマーク出版)『地雷ではなく花をください』(4部作)『ジェイクのむぎわらぼうし』『ジェイクのクリスマス』『森が海をつくる』『空気はだれのもの?』『ジェイクと海のなかまたち』『フー太郎物語 森におかえり』『アジアのこころ』『聖フランシスコ アッシジの光』『エレナとダフニ』『あの夏の日』(以上、自由国民社)、他多数。

ページの先頭へ