HOME > 趣味・生活実用 > 料理・食品 > 食べられる虫ハンドブック 新装版

趣味・生活実用

料理・食品

食べられる虫ハンドブック 新装版

食べられる虫ハンドブック 新装版
  • 通常販売
  • 内山 昭一
  • びっくり! おいしい! こんなにいる「食べられる虫」の図鑑!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    B6変形 判/ 96ページ
    2019年06月20日 発行
    ISBN 978-4-426-12554-7
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

◇食用昆虫を一挙紹介したはじめてのハンドブックとして話題になった本(2013年発行)が、装い新たに再発売!(内容は同名タイトルの初版と同一です)

 

◆本書「はじめに」より(昆虫料理研究会代表 内山昭一)

「虫って食べたことある?」「イナゴとかハチの子はおいしかったけど」「もっといろいろ食べてみたい?」「ほかにどんな虫が食べられるの?」という時に使ってほしいのが本書です。
昆虫は環境にやさしく生産効率に優れた食材として注目されるようになってきました。そのため昆虫食を体験したいと思う人たちが増えてきています。
本書はそうした時代の要請を受けて企画された日本初の食用昆虫図鑑です。入手が比較的容易で食用に適した132種を厳選し、調理法や味・食感をコンパクトに収めたハンドブックです。
昆虫食を試してみたいと考える多くのみなさんの手引きとして大いに活用されることを願っています。 

著者紹介

内山 昭一

1950年長野市生まれ。
昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、NPO 法人昆虫食普及ネットワーク理事長、NPO法人食用昆虫科学研究会理事。
著書に、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食の常識革命! 昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、『昆虫は美味い!』(新潮新書)、共著に『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(山と渓谷社)等がある。

目次

・はじめに
・この本の使い方
・食べられる虫とは
・昆虫食の歴史とロマン
・未来の食料
・食べられる虫ベストテン
・昆虫の栄養価
・採集するとき・食べるときの注意点
■春の虫たち
・春の草原や庭先
・春の里山や林
■夏の虫たち
・夏の水辺
・夏の草原や庭先
・夏の里山や林
■秋の虫たち
・秋の水辺
・秋の草原や庭先
・秋の里山や林
・裏表紙の料理紹介
■様々な虫たち
・人と共に生きる虫たち
・外国から来た虫たち
・昆虫以外の小さな生き物たち
・世界の食用昆虫リスト
・購入ガイド&料理研究会のお知らせ

ページの先頭へ