HOME > 趣味・生活実用 > 日本リバース院長 今野清志1分シリーズ > 鼻は1分でよくなる!──花粉症も鼻づまりも鼻炎も治る!

趣味・生活実用

日本リバース院長 今野清志1分シリーズ

鼻は1分でよくなる!──花粉症も鼻づまりも鼻炎も治る!

鼻は1分でよくなる!──花粉症も鼻づまりも鼻炎も治る!
  • 通常販売
  • 今野 清志
  • 65万部突破ベストセラーシリーズ最新刊!
    つらい花粉症もあきらめなくていい!
    かんたん健康法で「まいにち鼻スッキリ」!

    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「自由国民社フリーリーディングスペース」へ

  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    四六 判/ 176ページ
    2019年02月15日 発行
    ISBN 978-4-426-12517-2
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

今日からできる7つの「1分トレーニング」を紹介。
1 基本の姿勢は「百会」を垂直にする
2 肩甲骨スイスイ運動
3 脇の下モミモミ
4 鎖骨タッピング
5 鼻がつまったときこそ「鼻つまみ」
6 ぴょんぴょんジャンプで胃腸も刺激
7 全身に血流を送るもも上げ

----------------------------------------

「鼻が詰まって頭がボーっとする」
「くしゃみや鼻水が止まらない」
「1年中鼻がグズグズしている」
本書を手に取ってくださったあなたは、もしかしたら、こんな「鼻」の症状に悩ま
されているのかもしれません。
アレルギー性鼻炎、花粉症など「鼻」の不調に悩む人は、年々増え続けています。
実際に、私が運営する治療院でも問診をすると「気になる症状」として、こうした
鼻の不調をあげる患者さんがほとんどです。

ある調査によると国民の4割は、アレルギー性の鼻炎にかかっているとも言われて
います。
ところが多くの人は、体質だからとあきらめたり、その場だけ薬で紛らわせたりし
ています。
でも「鼻」は、人が生きていくために最も欠かせない酸素を取り込む「呼吸」の最
前線にある器官です。
つまり「鼻」の機能が弱っていると、酸素が不足してせっかくの体が持つ、健康で
あるためのパワーを存分に発揮できなくなってしまうのです。

一人一人に驚異的な回復力が備わっている
 
みなさん、はじめまして。
私は、中医学をベースに「鼻」、そして「目」や「耳」などに現れる不調を、人が
本来持つ、自然治癒力を高めることで改善していく治療院を運営しています。
私の治療院には、アレルギー性の鼻炎や花粉症、視力や聴力の衰え、そして、自律
神経の乱れを原因とする頭痛、慢性的な疲労など、さまざまな症状を持つ方が毎日の
ように訪れます。
ほとんどの方が、現代医学の治療に駆け回っても治らず「どうしたらいいだろう」
と悩み、
「30年も花粉症で悩んでいます」
「このまま、目が見えなくなったらどうしよう」
「孫の声が聞こえなくなったら…」
といった、不安を抱え、助けを求めて私の治療院にやってくるのです。
それなのに、一人一人が持つ「自然治癒力」を高めるだけで、早い人では治療した
その瞬間から、
「鼻づまりが治った!」
「ダブって見えていたのがハッキリ見えます」
「さっきは聞こえなかったBGMが聞こえる!」
と体が目覚め、たちどころに症状が改善します。
目の前で、そんな実例を何百回、何千回も見ると、私はいつも人間の持つ驚異的な
回復力に感嘆せざるを得ません。

でも私は、なにも「特別な治療」や「奇跡的な治療」を行っているわけではありません。
また「どんな症状でも治せる」と言っているわけでもないのです。
急な発熱や骨折など、薬や手術での治療が最適な場合もあるでしょう。
それでも、これまでなんらかの理由で抑え込まれていた「よくなろう」とするパワー
が働き出すのを助けてあげるだけで、体は大きく変わります。
人間には基本的に「体を正常に機能させよう」とする、とてつもない力が備わって
いるからです。
私は、そのことを一人でも多くの人に知っていただき、ガマンしたり薬でやり過ご
したりしている「鼻」の不快な症状も改善できるとお伝えしたいのです。

中略

本書では、体を目覚めさせ、鼻をよくする「正しい体の使い方」や「生活習慣」に
加え、体が本来の機能を正常に発揮するためのエクササイズや、ツボ押しなどもご紹
介します。
そして、人が健康に生きるための基本中の基本である、酸素を鼻から正しく取り入
れ、アレルギー性鼻炎や花粉症などの鼻の症状を解消するための呼吸法もお伝えして
いきます。

ご紹介しているエクササイズやツボ押しなどは、すべてをやろうとしなくても大丈
夫です。
まずは「鼻」を正しく使って呼吸をする。
そこから始めてみましょう。
そのうえで、できることを気づいたときに少しずつ取り入れてください。
食事やエクササイズ、ツボ押しは、「鼻」、そして全身の健康を底上げし、体をより
よい状態に導いてくれるための補助ツールです。
人によっては、
「エクササイズは楽しいけれど、つぼ押しは忘れちゃう」
「なかなか、食事にまで気がまわらない」
など、やりやすいこと、そして、なかなか続けられないこともあるでしょう。

「絶対に全部やらなければ鼻はよくならない」わけではありません。
ただ、鼻をよくしたければ、一つでもいいので続けてほしいのです。
自分の体を思って行ったことには、体は必ず応えてくれるはずです。


----------------------------------------

目次

第1章 鼻は全身の病気に関わっている
第2章 「鼻呼吸」で免疫力をグングン高める
第3章 もう薬に頼らない!鼻がよくなる8つの習慣
第4章 1分で鼻がよくなる「今野式トレーニング」
第5章 花粉症の予防は3カ月前から始めよう
第6章 ツボ押しで花粉症・アレルギー性鼻炎を遠ざける

 

ページの先頭へ