HOME > 趣味・生活実用 > 料理・食品 > Chocolat ショコラ

趣味・生活実用

料理・食品

Chocolat ショコラ

Chocolat ショコラ
一粒で幸せになれる神さまの食べもの、7つのひみつ
  • 通常販売
  • 著 /  土屋 公二
    イラスト /  須山 奈津希
  • 産地、タブレット、ボンボン・ショコラ、
    マリアージュ、おすすめショコラトリー……
    知ることでもっと広がる奥の深い世界へようこそ。

    ショコラ界のピオニエ(先駆者)が教える
    味わいがうっとり深くなるちいさなお話

    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「自由国民社フリーリーディングスペース」へ

  • 定価 1,296 円(本体 1,200 円 + 税)
    B6 判/ 88ページ
    2019年01月11日 発行
    ISBN 978-4-426-12505-9
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

―――

ショコラはなぜ、こんなにも人の心を捉えて離さないのでしょうか。

深い色、なめらかなつや、芳醇な香り、うっとりさせる口どけ……。
さまざまな技巧の凝らされたショコラそのものの美しさはもちろん、
洒落た店構えや美しいパッケージ、
お菓子の名前にあしらわれたフランス語を中心とする優雅な言葉など、
たくさんのピースが合わさって、奥深いショコラの世界が形作られています。

この本では、知っているとショコラの味わいがもっと深くなる、7つのお話をします。
あなたがもっと、ショコラを好きになりますように。
そんな願いを込めて。

Musée Du Chocolat Théobroma
シェフ ショコラティエ
土屋公二

著者紹介

著 /  土屋 公二 (つちや こうじ)

1979年にパティシエとしてスタートを切り、3年後に渡仏。
5年に渡り「ヴィヴァロア」「ダロワイヨ」「ピエールモデュイ」や
有名ショコラトリーで修業。
帰国後はパリの有名ショコラトリー東京店のシェフなどを務める。
1999年、東京・富ヶ谷に「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」を開店。
日々、さらなる味の追求とショコラ文化の普及に励んでいる。

目次

第1章 神さまの食べもの
ショコラのかたち
広がるショコラの世界
ショコラの歴史と謎
ショコラはどうしてこんなにも私たちを惹きつけるのか

第2章 違いをたのしむショコラ
Chocolat World Map
ガーナ
マダガスカル
ベトナム
コロンビア
エクアドル
ペルー
ブラジル
ベネズエラ
ドミニカ共和国
メキシコ

第3章 タブレットでたのしむショコラ
タブレットを味わう時には
ミルク

コービー/カカオニブ
ナッツ
ドライフルーツ
ビター

第4章 ボンボン・ショコラでたのしむショコラ
ボンボン・ショコラを味わう時には
果物
ナッツ
スパイス/ハーブ
和の食材

第5章 マリアージュをたのしむショコラ
自分だけのお気に入りを見つける、マリアージュのヒント
スパークリングワイン
白ワイン
赤ワイン
紅茶
コーヒー
緑茶

第6章 心からおすすめしたい世界の10軒
ショコラ・ベル・アメール 京都別邸 三条店
グリーン ビーン トゥ バー チョコレート
セバスチャン・ブイエ
ミニマル 富ヶ谷本店
ショコラティエ パレ ド オール 東京
ジャン=ポール・エヴァン
マリベル 京都本店
ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前
ショコラトリー タカス
ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房

第7章 これからのショコラの話をしよう
ショコラ選びがもっとたのしくなる話
ますますおもしろいBean to Bar
ショコラトリーでよく使われる言葉
ボンボン・ショコラにまつわる言葉

ページの先頭へ