HOME > 趣味・生活実用 > 単行本 > デジタル・タトゥー

趣味・生活実用

単行本

デジタル・タトゥー

デジタル・タトゥー
インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル
  • 通常販売
  • 弁護士  河瀬 季
  • いわれなき誹謗中傷からあなたを守る!
    IT弁護士が教えるプロの戦略。
     
    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「自由国民社フリーリーディングスペース」へ
  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    四六 判/ 248ページ
    2017年01月12日 発行
    ISBN 978-4-426-12198-3
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

----------------------------------------

はじめに

この本は、「短編小説集」のスタイルをとっていますが、案件の内容に関しては全てフィクションです。実在の人物及び団体とは一切関係がなく、また、著者が実際に手がけた案件の団体名等を変更したものでもありません。

この本を制作するにあたり、「実際に著者が手がけた案件から興味深いものを選び出してまとめる」というやり方と、「実際に著者がとった解決手法から特徴的なものを選び出してまとめる」というやり方があったのですが、この本の目的上、後者の方法を採用しました。

選び出した8つの解決手法に、それぞれもっともらしい依頼案件を物語として考え、当てはめて出来上がったのがこの本です。「殺人への関与を疑われた地方政治家」も「ヴィジュアル系ファンの女性」も、今後依頼人になられるかもしれませんが、現在までのところは、著者の依頼人にはいらっしゃいません。

「この本の目的上」と書きましたが、この本にはいくつかの目的があります。

一つ目は、「弁護士の仕事の内容と範囲」を多くの方々に知っていただくことです。著者は、ITベンチャーの執行役員、役員、代表取締役の経験がある弁護士として、ITベンチャー等の企業法務を中心に弁護士業務を行っていますが、初めてお会いする方にまず聞かれ、こちらが説明し、理解していただかなければならないのはこのことです。これからの時代には弁護士も、弁護士に依頼したり関わったりする人も増えることでしょう。弁護士とは何なのか、弁護士はどういう仕事をできるのか、弁護士だからこそできる仕事とは何なのか、これらを一般の方々に知っていただくことは、弁護士だけでなく、すべての方々にとって有用だと考えます。

(中略)

三つ目は、「法律職」というものの面白さを知っていただくことです。私は法科大学院ではじめて法学を学びました。工学部の学生だったので、それまでは法学に関する知識は全くなく、民事と刑事の区別すらつきませんでした。しかし法科大学院で法学を学び、法学に携わる者の思考法を学ぶにつれ、法学の面白さを知り、第二の学生生活を満喫しました。さらに弁護士となり、多くの方々と楽しく仕事をし、充実した毎日を現在過ごしています。こうしたことが可能だったのは、最近人気が下降し、評判がよくないようですが、法科大学院制度があったからです。もし法科大学院がなかったら、私は弁護士になることなど、考えもしなかったでしょう。

私のような「完全未修」の人間が弁護士や裁判官、検事になる現実的な道として、法科大学院制度は有用です。私はこの本を通じて、そのことを示唆できたらと願っています。様々な経験をし、様々な人脈を持つ人こそ、法律の世界に参入するべきだと考えているからです。

----------------------------------------

著者紹介

弁護士  河瀬 季 (かわせ とき)
元エンジニアの弁護士。
「弁護士全員が元エンジニア」という特徴を持つコスモポリタン法律事務所(東京・池袋)にて、パートナー弁護士として活動中。
筑波大学附属駒場中高等学校を卒業後、大学入学直後よりIT関連フリーランサーとして活動。エンジニア、ITライターとして働く。
当時のメインクライアントはソフトバンククリエイティブ社(当時)。その後、東京大学法科大学院に進学し、司法試験に合格。弁護士となる。 理系出身であり、また、ITベンチャーの執行役員、役員、代表取締役の経験がある弁護士として、
ITベンチャー等の企業法務を中心に弁護士業務を行う。
現在はシードステージのベンチャーから東証一部上場企業まで、約30社の顧問弁護士(または執行役員、役員)として活動中。
システム開発など、IT企業の日常的業務の中で生じる法律問題、著作権や特許などの知的財産権分野、労働法などを含む、企業の日常的業務の中で生じる法律問題、投資や小規模M&Aなどベンチャー企業において特徴的に発生する法律問題などが得意分野。
株式会社三菱東京UFJ銀行の「RISE UP CLUB」など、多数の企業運営サイトへの法律記事寄稿なども行っている。
JAPAN MENSA 会員。
近著に『もっと頭がよくなる大人の「超難問パズル」』(KKロングセラーズ、2016年8月)がある。
 

目次

第1話 自殺? 変死した政治家秘書と闇サイト
第2話 5年前の痴漢で再就職できない元教員
第3話 ヴィジュアル系ファンの女の戦い
第4話 ブラック企業? 外食経営者の憂鬱
第5話 自業自得? 虚偽投稿で炎上した大学生
第6話 デマに「なりすまし」。モデルの卵の危機
第7話 ランキングで最下位にされたことにもの申す
第8話 増え続ける匿名サイト! 投資家を狙う闇の正体

 

ページの先頭へ