HOME > 社会・経済・人文 > 経済・ビジネス > 21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

社会・経済・人文

経済・ビジネス

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書
  • 通常販売
  • 高木 悠
  • 信頼ある社員をグループ内で独立させ、
    多店舗展開を実現させる「のれん分け」ビジネスで先が読めない時代を乗り越えよう!

    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。「試し読みサービス」へ

  • 定価 1,980 円(本体 1,800 円 + 税)
    四六 判/ 320ページ
    2021年07月09日 発行
    ISBN 978-4-426-12717-6
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

信頼ある社員をグループ内で独立させ、
多店舗展開を実現させる「のれん分け」ビジネスで先が読めない時代を乗り越えよう!

・信頼ある社員に任せれば、店舗の収益があがる!
・本部と独立した社員で、店舗立ち上げ費用なども分け合うことができ、
リスクが減る
・優秀な社員が辞めることなく、グループ内にとどまることで、競争力が高まる!

直営展開でもフランチャイズでも実現できなかった、質の高い多店舗展開を
実現する、それがのれん分けビジネス。

著者紹介

高木 悠 (たかき ゆう)

店舗ビジネス専門コンサルタント
株式会社 常進パートナーズ 代表取締役

飲食店、整体院、美容院など「店舗ビジネス」の「多店舗展開」を加速させる専門家。
「最速最短で年商30億・店舗数30超を実現する実証されたノウハウ」をコンセプトに、のれん分け制度構築、フランチャイズ本部立ち上げ・立て直し、人事評価制度整備など、店舗ビジネスの店舗展開に特化したコンサルティングを行っている。

新卒で大手外食フランチャイズチェーンに入社後、20代でフランチャイズ加盟店のスーパーバイザーに抜擢されるものの、リーマンショック不況に対して何ら対策を講じることができず、担当企業5社の倒産を目の当たりに。自らの力不足を痛感する。
その経験から、経営の専門知識を身に着ける必要があると考え、経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士資格を取得。現場経験に加え、経営理論に基づいた経営指導を展開し、チェーン最優秀店舗を輩出するまでに成長を遂げる。

その後、店舗ビジネスの発展には「会社の収益性向上」と「社員が夢と希望をもって働ける環境整備」を両立させることが不可欠であることに気が付き、それをより多くの企業に展開すべく、店舗ビジネスの専門コンサルティング機関である株式会社 常進パートナーズを設立。これまでに延べ500社以上の企業支援に携わる。

「“企業が高収益を生み出すための仕組み作り”と“社員が誇りを持って働ける環境作り”をサポートすることで、“店舗ビジネスの社会的地位の向上に貢献すること”」を基本理念に、日々企業支援に尽力している。

千葉県生まれ、立教大学卒業。

株式会社常進パートナーズ ホームページ
https://johshin.co.jp/

目次

第1章 「21世紀ののれん分け」でビジネス拡大のチャンス!
第2章 「ポストコロナ」の時代こそ、のれん分けの強みが活きる!
第3章 のれん分けに向いている会社、のれん分けに向いている社員
第4章 未経験者でも「将来の独立候補者」に育て上げるシステムづくり
第5章 いざ独立! 本部のサポートはときに手厚く、ときに素っ気なく
第6章 全体マニュアル、契約書、ロイヤリティなどの決め方・考え方
第7章 独立者の「暴走」を防ぎつつ、パートナーシップを維持するには

ページの先頭へ