HOME > 社会・経済・人文 > 経済・ビジネス > ことばの「なまり」が強みになる!――生まれもった「自分のことば」で仕事も人生もうまくいく

社会・経済・人文

経済・ビジネス

ことばの「なまり」が強みになる!――生まれもった「自分のことば」で仕事も人生もうまくいく

ことばの「なまり」が強みになる!――生まれもった「自分のことば」で仕事も人生もうまくいく
  • 通常販売
  • 吉村 誠
  • 「営業のトップセールスマンは『標準語』で流暢にしゃべる人ではないんです! 」
    M-1グランプリをつくった名物プロデューサーが語る、目からウロコの会話術!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 224ページ
    2018年12月28日 発行
    ISBN 978-4-426-12503-5
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

「そだねー」「おらおらでひとりいぐも」「どげんかせんといかん」「けっぱれ! 」「まげねど! 」…
「なまったことば」は生活に根ざして身体になじんだものであるからこそ「強さ」があります。
「標準語」が優れていて「方言」が劣っているとか、「美しいことば」「正しい日本語」で話さないといけない、などといった意識にとらわれる必要はありません。

そんな「ことば」に対する意識を変えるだけで、コミュニケーションは楽になり、仕事も人生もうまくいくのです!

(「はじめに」より)
しゃべることに、何らかのストレスを感じている人、
たとえば、

進学や就職で都会に出てきて、田舎ことばがはずかしいと思っている人、
学校や会社の中で、思うようにしゃべれずに悩んでいる人、
就活の面接で、質問にうまく答えられるかと不安を感じている人、
子育て中で、こどもになんと声をかけたら良いのかわからないという人、

解決法は簡単です。
気楽にしゃべりましょう! です。

(「おわりに」より)
なまってても良いのです。
なまってるから良いのです。
気楽にしゃべることから素敵な人生が生まれるのです!

著者紹介

吉村 誠 (よしむら まこと)

1950年、山口県生まれ。
東京大学文学部社会学科卒。元朝日放送プロデューサー。
おもな担当番組に、『シャボン玉プレゼント』『新婚さんいらっしゃい! 』『晴れ時々たかじん』『M-1グランプリ』などがある。
宝塚造形芸術大学教授を経て、現在、同志社女子大学と関西看護医療大学で講師をつとめている。
著書に『お笑い芸人の言語学:テレビから読み解く「ことば」の空間』(ナカニシヤ出版)。
『現代用語の基礎知識2018年版』巻頭特集「ギャグで感じる70年」執筆。

目次

はじめに 声に出して「母」を呼んでみよう
第1章 なまった「生活ことば」で堂々としゃべりましょう
第2章 「標準語」や「美しい日本語」なんて気にしない
第3章 お笑い芸人は、おもしろい「生活ことば」のまねをする
第4章 ビジネスや人間関係でも「自分のことば」を出していい
第5章 人に共感し、共感されることばで話そう
第6章 「生活ことば」は恋愛にも家庭にも役立つ
第7章 「自分のことば」を強みにして生きる
おわりに

ページの先頭へ