HOME > 社会・経済・人文 > 経済・ビジネス > すぐメモする人がうまくいく

社会・経済・人文

経済・ビジネス

すぐメモする人がうまくいく

すぐメモする人がうまくいく
  • 通常販売
  • 堀 宏史
  • スマホでできる!
    広告クリエイターが教える最強の習慣
    「6秒以内に、メモしなさい! 」

    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「自由国民社フリーリーディングスペース」へ

  • 定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)
    四六 判/ 192ページ
    2018年10月03日 発行
    ISBN 978-4-426-12475-5
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

◆本書「はじめに」より抜粋

何かを感じたら、6秒以内にメモしてそれをシェアしましょう。

この本を一言でまとめると、こうなります。

なぜ6秒以内にメモしなくてはいけないのでしょうか?
それは、人の感情のピークは6秒で過ぎ去っていくと言われているからです。

あなたは、6秒前に自分がどんな気持ちだったか覚えていますか?
猫の動画を見て癒された、ゴハンが美味しくて幸せな気持ちになった、
仕事のプレッシャーで憂鬱になった、理不尽な出来事に怒りが湧いてきたなど、
その事実は思い出せてもその時の気持ちや感覚は意外と覚えていないものなのです。

最近、怒りの感情をコントロールするトレーニングとして話題になっているアンガーマネジメントのメソッドによると、
人が怒りのピークと感じる時間は6秒。この6秒をやり過ごすことができれば興奮状態を抑えられるといいます。

つまり、何かの情報に接して感じた気持ち(これは面白い、これは仕事で使えるかも、これは忘れちゃダメだな、など)はすぐにどこかへ消えていってしまうのです。
そして、また次の情報に刺激を受けて、また忘れていく。
そんなサイクルから脱してみませんか?

現在はスマートフォンとソーシャルメディアの普及によって、情報が爆発的に増えている時代です。
私たちは朝から寝るまですさまじい量の情報に日々接しています。
「ソーシャルメディア疲れ」と言われるように、私たちは絶え間ない情報のストレスに日々悩んでいます。
そんな情報の洪水の中に溺れてしまうのではなくて自分で情報の流れをコントロールしたい、
情報をストレスに感じるのではなく毎日をもっとポジティブに生きていきたい、
さまざまな情報の中からキラリと光るアイディアの原石をつかまえて形にしたい。

「すぐメモ」は、そんな人のためにぜひ実践してほしいメソッドなのです。

著者紹介

堀 宏史 (ほり ひろし)

1993年慶応義塾大学経済学部卒業。
大手広告代理店勤務。
これまでに広告業界でリアルとデジタルを融合させた新しい広告を実現し、
カンヌフェスティバル、アドフェスト、ロンドン広告祭、クリオ、東京インタラクティブアドアワードグランプリ、文化庁メディア芸術祭グランプリ、モバイル広告大賞など受賞歴多数。
カンヌフェスティバル等で審査員を務めるとともに、adtech等の国際カンファレンスでスピーカーとしても活躍している。

目次

Chapter1 どうして「すぐやる」ことにこだわる人が成功するのか
Chapter2 まずは書く、今日から書く
Chapter3 シェアしてつながる「すぐメモ」の輪
Chapter4 情報インプットの極意
Chapter5 すぐメモで新しいアイディアを生み出そう
Chapter6 すぐメモで「すぐプレ」しよう
Chapter7 あなただけのすぐメモを見つけよう
巻末付録 すぐメモ検定

ページの先頭へ