社会・経済・人文

植西聰のコツシリーズ

不動心のコツ

不動心のコツ
どっしりと構えて生きる96の方法
  • 通常販売
  • 植西 聰
  • シリーズ38万部突破!
    ベストセラー『平常心のコツ』著者がやさしく教える「ぶれない心」のつくりかた。

    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「自由国民社フリーリーディングスペース」へ

  • 定価 1,296 円(本体 1,200 円 + 税)
    四六 判/ 224ページ
    2018年02月24日 発行
    ISBN 978-4-426-12408-3
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  
◆本書「まえがき」より抜粋
 
誰かから悪口を言われることがあると思います。
嫌味なことを言われることもあると思います。
侮辱的なことを言われることもあるでしょう。
面と向かって直接言われることもあるでしょうし、
あるいは、自分が知らないところで陰口を言いふらされていることもあります。
SNS(友人や知人、あるいは仕事の関係者などとのコミュニケーションを円滑にするためのインタネットサービス)を通して、
悪口を拡散されてしまうケースもあるでしょう。
 
考えてみれば、人は、このような悪口、嫌味、侮辱などに、
毎日のようにさらされながら暮らしているのが実態ではないでしょうか。
誰かから、言葉によって不愉快な思いにさせられるような出来事は、
日常茶飯事と言ってもいいのです。
 
そういう意味で、そのような悪口や嫌味や侮辱に振り回されないで済む方法を考えることは、
人が幸せに生きていくための重要なポイントの一つになると思います。
 
そのために重要なのが「不動心」です。
 
相手から嫌なことを言われても、それに動じない心を持つ、ということです。
相手の言葉に惑わされたり、怒ったり、イライラしたりすることなく、
しっかりと自分を保ちながら、自分のやるべきことをたんたんと進めていく能力を身につける、ということです。
 
この「動じない」という能力を持っていないと、
何かと悪口を言ってくる人が多い今の世の中を逞しく生き抜いていくことができません。
自分の願望や夢を実現できません。
 
本書は、そういう意味で、悪口や嫌味や侮蔑的な言葉に上手に対処していくためのヒントを
数多く集めて解説してあります。
 

目次

第1章 動じない発想をする
第2章 「堂々とした態度」で動じない
第3章 あくまでも自分自身を信じていく
第4章 感情的になるのを防ぐ
第5章 客観的な意識の持ち方を学ぶ
第6章 成功するまでは、動じない
第7章 困った人に振り回されない
第8章 恥をかかされても、怒らない
第9章 好きなこと、やりたいことを貫く
ページの先頭へ