HOME > 社会・経済・人文 > 自己啓発 > 「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書

社会・経済・人文

自己啓発

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書
あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかた
  • 通常販売
  • 心理カウンセラー 傾聴講師  岩松 正史
  • 人の話が聴ける!あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかた。

  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    四六 判/ 256ページ
    2014年12月29日 発行
    ISBN 978-4-426-11854-9
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

なぜあなたは(あの人は)人の話が聞けないのか?
傾聴講座の講師として長年活躍する「傾聴のプロ」が、
人の話を上手に聞く・聴くコツをわかりやすく教えます。
ビジネスから家庭、地域コミュニケーション、そして恋愛まで、
あらゆる場面で「聴く力」が、あなたの好感度を上げる!


◇本書「はじめに」より抜粋

この本を読めば、人の話が上手に聴けるようになります。
聴き上手になるためのポイントと流れがわかります。

もしあなたが誰かと仲良くなりたければ、お互いの共通点をどんどん見つけて
その話題で盛り上がれば仲良くなれます。
逆に、この人とはあまり話したくないと思ったら、
相手を無視し続ければ、自然とあなたの前からいなくなります。
共通点を探すのも無視するのも、コミュニケーションの一つの形です。
いいか悪いかはともかく、必要な時にそれを使うことで
コミュニケーションのバリエーションは増えます。

これらとは別に、「傾聴」というコミュニケーションの方法があります。
傾聴は、相手との共通点を探して仲良くなることとも、相手を無視することとも違う
「そのまま受け止めて支える」ための「聴き方」です。

いままで「人の話を聴くことは難しい、大変だ」と思っていたなら、
それはただ聴くときに大切なことを知らなかっただけのことです。
たしかに「聴く技術」を身につけるには時間が必要です。
でも、正しく知れば一人で悶々と苦労していた時よりも圧倒的に速く身につけることができます。
さらに上手に聴けるようになるだけでなく、聴くことが好きになります。
聴けば聴くほど人間関係が楽になります。

ここには特別なことは書いてありません。だれでもできる普通のことだけです。
でもこれを読むことで、最短距離で聴き上手になれます。
「聴く」ということがまだよくわからない、あるいは大変とか、難しいと思っている
あなたにぜひ読んでほしいと思います。

そして、聴き手となるあなたが楽になるために、ぜひ使ってほしいと願っています。

著者紹介

心理カウンセラー 傾聴講師  岩松 正史 (いわまつ まさふみ)

飯田橋カウンセリングルーム 代表(株式会社あえるば)
産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー(2011年)
中央労働災害防止協会認定 心理相談員(2011年)
アクティブブレイン協会認定 記憶術マスター講師
アクティブ・ダイエット、読書法、夢実現講座 講師

長野県出身。東海大学政治経済学部卒。
コンビニエンスストア本部スーパーバイザー、システム開発プログラマーを経て
大人の教育をする会社、株式会社あえるばに入社。
2006年に横浜でカウンセラーによる無料悩み相談会を立ち上げ、
多くの人のサポートをし、マスコミにも取り上げられる。
2007年から引きこもり支援NPOの相談員を務める。
2010年から東京都千代田区、台東区の傾聴ボランティア養成講座に関わる。
2012年は飯田橋カウンセリングルームを立ち上げカウンセリングやセミナーを開催。

その他、企業、団体向けのメンタルヘルスケア研修、講演だけでなく
保育園、小学校、子育て支援施設などでのコミュニケーション講座の経験を持つ。

また厚生労働省管轄の神奈川県西部地域若者サポートステーション事業の
立ち上げメンバーとして1年で100回以上の面談を行った。

「脳と心を開いて人生を開く」を信条として
カウンセリングの枠にとらわれず心のエネルギーを上げるお手伝いとして
「初心者のための記憶術」、「アクティブ・ダイエット」なども全国で展開中。
アクティブ・ブレイン協会認定マスター講師を務める。
傾聴1日講座の開催は130回、800人を超える。
その他、一部上場電気機メーカーなどの一般企業、病院職員、自治体などを対象にした
メンタルヘルス研修だけでなく、聴き手育成に特化した研修を行っている。
Google検索ランキングで1位の講師である。(検索キーワード「傾聴 講座」「傾聴 研修」2014年1月現在)
受講者の心の動きへの配慮と納得感ある解説に惹かれ、再受講する受講生も多い。
明快な語り口と人の内面にあたたかくよりそう姿勢が人気。
趣味は家事、歌うこと。

〈講座参加企業・団体など〉
オリエンタルランド、デイリーヤマザキ、セイコーエプソン、ノーリツ、
パルシステム、富士ソフト、ブラーザー工業、ベネッセコーポレーション、
前川製作所、三井生命保険、メディセオ、郵便局 他多数(50音順)。
その他、幼稚園、保育園、小・中・高・大学職員の方、介護・看護・心理支援職の方、
学生、主婦、フリーター、個人事業主や経営者、会社員、公務員、定年退職後の方まで多数。

目次

第1章 「話を聴く」って、どういうこと?(話が聴けない、こんな人/ 話が聴けない人のタイプ ほか)
第2章 「聴ける耳」のつくりかた(「聴く耳」を作ることから始めよう/ 「聴く」ということ、これだけの誤解)
第3章 「傾聴力スイッチ」を身につける(傾聴力スイッチとは/ 傾聴の正しい「知識」 ほか)
第4章 よくある質問(謙遜してみせる人への対応/ 「自信家」への対応 ほか)

ページの先頭へ