HOME > 法律実用・学習書 > くらしの法律・人生設計 > 大型判 身近な人が亡くなった後の手続のすべて

法律実用・学習書

くらしの法律・人生設計

大型判 身近な人が亡くなった後の手続のすべて

大型判 身近な人が亡くなった後の手続のすべて
  • 通常販売
  • 児島 明日美
    福田 真弓
    酒井 明日子
  • 期限に間に合うよう、二度手間にならないよう、様々な手続をわかりやすく整理。
    「おつきあいの記録と一周忌までの便利帳」つき。

    ※本書は2020年10月3日に発行した「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」新訂版を、判型と組み方を変え、特別付録を付けて出版したものです。

    ◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→「試し読みサービス」へ

  • 定価 1,650 円(本体 1,500 円 + 税)
    A4 判/ 192ページ
    2021年01月01日 発行
    ISBN 978-4-426-12671-1 雑誌コード:69871-92
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

大型判になって登場。
「備えておきたい いちばん身近な参考書」

期限に間に合うよう、二度手間にならないよう、様々な手続をわかりやすく整理しました。
いつまでに何をしなければならないか、手続の流れがしっかりわかります。

別冊付録「おつきあいの記録と一周忌までの便利帳」つき。


葬儀や法要のこと、保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金の解約のこと、相続税のこと。
実際に身近な方が亡くなって様々な手続にとりかからなければならない方、これからそのような場面を迎える可能性がある方に、いちばん身近な参考書として活用していただけるよう、この本を作りました。


※本書は2020年10月3日に発行した「身近な人が亡くなった後の手続のすべて」新訂版を、判型と組み方を変え、特別付録を付けて出版したものです。

著者紹介

児島 明日美 (こじま あすみ)

司法書士。東京司法書士会所属。簡裁訴訟代理等関係業務認定取得。公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート東京支部所属。2010年に独立開業。相続・遺言・成年後見等の業務を中心に「老活」サポートに力を入れている。

福田 真弓 (ふくだ まゆみ)

税理士・ファイナンシャルプランナー。2001年税理士試験合格。税理士法人タクトコンサルティング、野村證券プライベート・バンキング業務部などの勤務を経て2008年独立。専門は相続と財産の管理承継。コンサルティング、講演、執筆などを通じ、お金や家族に振り回されない豊かな暮らしづくりの実現をめざしている。

酒井 明日子 (さかい あすこ)

社会保険労務士。東京都社会保険労務士会所属。
大手不動産会社に勤務した後、社会保険労務士資格を取得。人事労務関連のコンサルティング会社での勤務後、独立。労務に関する各種手続・申請や、就業規則の作成、労務相談・管理など、多くの企業のサポートを行う。

目次

巻頭グラフ 目で見てイメージ 身近な方の死後のこと
*身近な人が亡くなった後の手続・届出の一般的な流れ
*身近な人が亡くなった後の手続・届出チェックリスト
*身近な人が亡くなった後の手続・届出 素朴な疑問
*手続に関係のある用語集
*身近な人が亡くなった後の手続・届出に関する法改正

第1章 大切な方が亡くなった直後に行う手続
ガイダンス亡くなった直後の手続を確認しましょう
01 死亡診断書・死体検案書を手配しましょう
02 死亡届の提出をしましょう
03 火葬許可申請書の提出をしましょう
04 葬儀・納骨の手配をしましょう
05 お墓を移したい(改葬したい)とき
06 世帯主を変更したいとき
07 健康保険・介護保険の資格喪失の手続をしましょう

第2章 落ち着いたら行う諸届、諸手続
01 公共料金の解約・変更手続をしましょう
02 免許証・カード等の返却手続をしましょう
03 故人の所得税の申告手続をしましょう
04 葬祭費・埋葬料の申請をしましょう
05 高額療養費の支給を受けたいとき
06 婚姻前の名字に戻したいとき
07 姻族関係を終了したいとき
08 故人の事業を引き継ぐとき

第3章 遺族年金等の手続
01 公的年金の基本を確認しましょう
02 年金受給を停止し、未支給の年金を請求しましょう
03 遺族年金を請求しましょう
04 遺族基礎年金がもらえないとき
05 遺族厚生年金に加算される給付があるとき
06 児童扶養手当を確認しましょう

第4章 遺産相続手続の基本
01 誰が相続人になるか確認しましょう
02 遺言の基本について確認しましょう
03 遺言があるかどうか探しましょう
04 公正証書遺言以外の遺言は検認をしましょう
05 遺留分について確認しましょう
06 戸籍から正確な相続人を特定しましょう
07 住民票の写し・印鑑証明書を取得したいとき
08 相続手続が必要な財産を探しましょう
09 相続財産をどうするか検討しましょう
10 借金を相続したくないとき
11 相続財産の分け方を決めましょう
12 遺産分割協議書を作成しましょう
13 遺産分割協議がまとまらないとき
14 未成年や認知症の相続人がいるとき

第5章 相続・名義変更の手続
01 銀行など金融機関での相続手続をしましょう
02 株式など有価証券の相続手続をしたいとき
03 生命保険の保険金を受け取りたいとき
04 自動車の相続手続をしたいとき
05 不動産の相続手続をしたいとき
06 団体信用生命保険に加入していたとき
07 ゴルフ会員権その他の相続手続をしたいとき

第6章 相続税の基本的手続
01 相続財産の評価方法を確認しましょう
02 相続税がかかるかを確認しましょう
03 各人の相続税額を計算しましょう
04 相続税の軽減・加算措置を確認しましょう
05 土地の評価額を計算しましょう
06 小規模宅地等の特例を確認しましょう
07 上場株式の評価額を確認しましょう
08 非上場株式の評価額を確認しましょう
09 相続税の申告書を作成しましょう
10 相続税の納税方法を確認しましょう
11 税務調査とペナルティー
12 修正申告、更正の請求をするとき

第7章 生前対策の基礎知識
01 遺言の作成方法を確認しましょう
02 エンディングノートについて確認しましょう
03 生前贈与の活用を検討しましょう 1
04 生前贈与の活用を検討しましょう 2
05 生命保険の活用を検討しましょう
06 自宅を売るときの税金について知っておきましょう

巻末資料 お役立ち情報

【別冊付録】おつきあいの記録と一周忌までの便利帳

ページの先頭へ