HOME > 法律実用・学習書 > 介護・福祉 > 身近な人に介護が必要になったときの手続きのすべて

法律実用・学習書

介護・福祉

身近な人に介護が必要になったときの手続きのすべて

身近な人に介護が必要になったときの手続きのすべて
  • 通常販売
  • 鈩 裕和
  • 親が倒れた!どうする?
    2018年改正介護保険に完全対応!

  • 定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)
    A5 判/ 192ページ
    2018年06月01日 発行
    ISBN 978-4-426-12442-7
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  

著者紹介

鈩 裕和 (たたら ひろかず)
島根県松江市出身。医療法人社団つくしんぼ会(東京都板橋区)理事長、医師。
外来診療から訪問医療介護、さらに在宅看取りまで連続したサービスを提供できる専門機関として「つくしんぼ会」を平成8年に設立した。職種間の垣根を取り払い自由闊達に議論できる環境作りに努め、討議の下、治療介護計画を立案し、協調して介入する体制になっている。日常診療では、患者に生き様、死に様の希望をさりげなく問いかけ、実現可能な形で寄り添うスタイルをとっている。押しつけの医療にならないよう配慮し、薬物治療に依存しないのが信条。
 

目次

身近な人に介護が必要になったときの手続きの流れ
第1章 かかりつけ医の見つけ方
第2章 介護認定の申請
第3章 介護保険の利用
第4章 介護保険のサービス
第5章 介護のお金
第6章 介護の実際
第7章 施設での介護
ページの先頭へ