HOME > 法律実用・学習書 > 介護・福祉 > 【新版】介護の事故・トラブルを防ぐ70のポイント

法律実用・学習書

介護・福祉

【新版】介護の事故・トラブルを防ぐ70のポイント

【新版】介護の事故・トラブルを防ぐ70のポイント
利用者と職員を守る介護現場のリスクマネジメント
  • 通常販売
  • 田中 元
  • 2018年度介護保険改正に対応
    介護職員 現場リーダー 事業者 必携
    利用者と職員を守る介護現場のリスクマネジメント

  • 定価 1,836 円(本体 1,700 円 + 税)
    A5 判/ 232ページ
    2018年03月02日 発行
    ISBN 978-4-426-12396-3
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  • Amazonで購入する>>  
慢性的な介護スタッフ不足の中で、介護現場にはより負担がかかっています。予算や人員が限られ、厳しい労働環境にある今どきの介護現場は、常に介護事故やトラブルのリスクにさらされています。送迎中の死亡事故、職員による虐待、事業所の火災など、重大事故も目立ってきています。
 
インフルエンザなど感染症の集団感染、O157などの食中毒、重過失による死亡事故、送迎中の交通死亡事故、火災、介護職員による虐待など、ひとたび重大事故が起きれば、それは即、事業所の存続にかかわる深刻な事態になりえます。リスクを放置していてはなりません。
 
介護現場にミスはつきものです。しかし大事なのはミスを最小化し、事故・トラブルにつなげないシステムづくりです。そしてひとたび事故が起きても、それを重大化させない事後の適切な対処法が肝要です。
 
本書は、頻度の高い介護事故・トラブルの予防法と対処法を、具体的に事例で解説していきます〔2018年度からのの介護保険制度改正に対応〕。
 
〔本書の構成〕
1 事例紹介―今、介護現場ではどんな事故・トラブルが多発しているか?
2 基本編―介護事故・トラブルを防ぐための基本とは何か?
3 応用編―介護現場で多い事故・トラブルを防ぐ実践
4 事後対処編1―それでも事故が起こった場合の対処法
5 事後対処編2―利用者側のクレーム等への対応
〔ケース別の予防法と対処法〕
転倒
転落
誤嚥
介護ミス
食中毒
感染症
認知症による事故
火災
物損事故
入浴事故
送迎中の事故
職員の違法行為
虐待
利用者間トラブル
クレーム対応
など
 
介護事故・トラブルを防ぎ、安全・安心・快適なサービス提供体制づくりと事故後の対処法のための決定版です。
 

著者紹介

田中 元 (たなか はじめ)
昭和37年群馬県出身。介護福祉ジャーナリスト。立教大学法学部卒業。出版社勤務後、雑誌、書籍の編集業務を経てフリーに。主に高齢者の自立・介護等をテーマとした取材、執筆、ラジオ・テレビ出演、講演等の活動を精力的におこなっている。
最近の著書に、「改正介護保険早わかり」「サービス付き高齢者向け住宅開業・運営ガイド」「スタッフに辞める! と言わせない介護現場のマネジメント」(自由国民社)、「現場で使える介護計画書便利帖」「現場で使える介護福祉士便利帖」(翔泳社)、「介護事故・トラブル防止完璧マニュアル」(ぱる出版)など多数。
 
ページの先頭へ