HOME > ユーキャンの出版物 > その他  > さだのはなし 〜さだまさしステージトーク集〜

ユーキャンの出版物

その他

さだのはなし 〜さだまさしステージトーク集〜

さだのはなし 〜さだまさしステージトーク集〜
  • 通常販売
  • さだまさし
  • さだまさしの大人気のステージトークが待望の書籍化!笑いあり、涙ありの名作トークの中から選りすぐりの24話を誌上に再現。読めばきっと元気になれる、おすすめの一冊です。

  • 定価 1,543 円(本体 1,429 円 + 税)
    A5 判/ 336ページ
    2011年05月25日 発行
    ISBN 978-4-426-60253-6
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

さだまさしの大人気のステージトークが待望の書籍化!笑いあり、涙ありの名作トークの中から、選りすぐりの24話を誌上に再現しました。家族や友人達、恩師との思い出や旅先での様々な人々との出会いなど、心温まるコンサートトークの数々を収録。さだファン約1,300人へのアンケート結果に基づいた「ファンが選んだBEST10ランキング」やディスコグラフィー、年譜など楽しめる特集コーナーも多数掲載!笑って泣いて、読めばきっと元気になれる一冊です。
《あとがき・立川談春》
-書籍構成-
第一章 一期一会/第二章 嗚呼、青春の…/第三章 旅の事件簿/第四章 忘れ得ぬ人/第五章 人生の師、人生の友/第六章 がんばれ、日本!

著者紹介

さだまさし

1952年長崎市生まれ。73年、フォークデュオ・グレープとしてデビュー。『精霊流し』『無縁坂』が大ヒット。76年のソロデビュー後も、『雨やどり』『関白宣言』『北の国から』など数々の大ヒット曲を生み出す。2010年9月には、ソロコンサート回数が通算3800回を超えた。01年、初の書き下ろし長編小説『精霊流し』、02年『解夏』、04年『眉山』、08年『茨の木』、09年『アントキノイノチ』を発表。

ページの先頭へ