趣味・生活実用

占い・スピリチュアル

あの世ガイド

あの世ガイド
知っておきたい「死後」のこと
  • 通常販売
  • 小林 秀守
  • 知ればこわくなくなる!
    すべての人が往(ゆ)くところ。

    禅定体験を通してわかった死後の世界を
    誰にでもやさしく解説する、初めての本。

  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    四六 判/ 228ページ
    2017年01月11日 発行
    ISBN 978-4-426-12231-7
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

ほとんどの方にとって、死は怖ろしいものです。
では、その怖ろしさがどこから出てくるかというと、次の3点に凝縮されると思います。

・肉体を捨てる際の苦痛
・死を境にそれまでの〝持ち物〟が奪われてしまう
・死後どうなってしまうのかまったくわからない

前の2つは致し方ないにせよ、
私たちが死後どのような環境に置かれるのかを知るだけでも、
幾分かは怖さが和らぐのではないでしょうか。(本書1章より抜粋)

著者紹介

小林 秀守

1959年生まれ。
10代の後半から無意識(潜在意識)の働きについて本格的な探究を始める。
以来、人間の存在と「運」の関係について、無意識という視点から様々な考察を加え続けている。
無意識から湧き上がる「衝動エネルギー」を様々な技法で割り出して、私たちが影響される時期や様相を読み、対策を講じる――
この不動のコンセプトで、クライアントの心と環境を安定させ、繁栄に導く独自のシステムを構築、「創運」という新しいジャンルを確立した。
1997年にサッカアストロサービスを設立。いわゆる〝開運法〟とは全く別の視点から、運を創るための個別指導を行う。
主婦から経営者に至るまで、幅広いクライアントから絶大な信頼と支持を集める。
会員制度を設けて、長期的な視野で人生をサポートするとともに、セミナーでは無意識に入るための実技指導も行っている。

目次

1章 死んだらこうなる
2章 死後の世界を語れる理由
3章 間違いだらけの死後の世界
4章 あの世に持って行けるもの
5章 さまよえる死生観
巻末 あの世を理解するための必須キーワード解説

ページの先頭へ