HOME > 社会・経済・人文 > 株・FX・金 > 株初心者も資産が増やせる高配当株投資

社会・経済・人文

株・FX・金

株初心者も資産が増やせる高配当株投資

株初心者も資産が増やせる高配当株投資
高配当&堅実成長で値上がる銘柄の探し方
  • 通常販売
  • 藤本 壱
  • 資産を増やしたいなら、株初心者もできる高配当株投資に注目!利回り4%以上の銘柄も!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 224ページ
    2018年07月12日 発行
    ISBN 978-4-426-12452-6
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
★増え続ける日本企業の配当
超低金利の預貯金では資産を増やせない今、株式配当が注目されています。2017年度の配当総額は12兆8000億円で過去最高、2018年3月期総額も10兆円を超えると見られ、2010年3月期のおよそ2倍です。東証一部銘柄の平均配当利回りも1.5%を超えており、個別銘柄では4~6%以上の高利回り株もあります。
 
★高配当×値上り益も狙える!
高配当株投資とは、「業績が安定していて、配当利回りが高い銘柄を買って保有し、配当をもらいながら値上がりしたところで売る」手法です。高配当株の中には、今はまだ中堅でも堅実に成長して連続増配を重ね、それに伴い株価も大きく上昇していく「お宝株」もあります。
また、配当が高いだけでなく、自社株買い、株主優待などの株主還元に積極的な企業も増えており、そういった銘柄はより買われやすく、株価も長期で上昇していくものが見られます。その代表例にはなんと、28年連続増配を続けている花王のような銘柄もあります。
 
★優良高配当株が下げた時こそ絶好の買い時!
高配当株ももちろん下落しますが、下がると利回りが上昇し割安となって買いが入りやすく、下げにも強い。アマダやキヤノンのような配当性向の高い優良高配当株が下げたところで安く買えれば、NISAに入れて中長期で保有するといったこともできます。
 
★株の初心者にもやりやすい!
本書は株の初心者でも高配当株投資ができるよう、配当と高配当株探しの基本から、買い方・売り方とそのタイミング、高配当株でも避けるべき銘柄と注意すべき銘柄、業種から見た特徴と銘柄探しなど、事例を踏まえて解説します。「厳選高配当株」も収録。
 
《本書の構成》
序 章 資産を増やしたいなら高配当株投資
第1章 高配当株探しの基礎知識
第2章 高配当株の買い方・売り方とタイミング
第3章 中長期の資産形成の視点と高配当株投資
第4章 これから注目の投資テーマと高配当株の多い業種
第5章 中長期で持ちたい厳選高配当株
 
ギャンブル的な株式投資ではなく、株で着実に利益を積み重ね、中長期の資産形成をしていきたい方にお勧めの1冊です。
 

著者紹介

藤本 壱 (ふじもと はじめ)
1969年兵庫県伊丹市生まれ。神戸大学工学部電子工学科を卒業後、パッケージソフトメーカーの開発職を経て、現在はマネーおよびパソコン関係の執筆活動のほか、ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)としても活動している。 最近のマネー関連著書
「上手に稼ぐカラ売りテクニック」「個人投資家が勝てる低位株投資」「実戦相場で勝つ! 株価チャート攻略ガイド」「株はタイミングで儲けなさい」「FXはチャートで勝つ! 」(以上、自由国民社)、「プロが教える! 金融商品の数値・計算メカニズム」(近代セールス社)などがある。 
 
ページの先頭へ