HOME > 社会・経済・人文 > 資産運用 > 妻は最高の投資物件である。

社会・経済・人文

資産運用

妻は最高の投資物件である。

妻は最高の投資物件である。
  • 通常販売
  • 間川 清
  • 妻は3億円の資産と同じです。
    この価値を大事にしない人は、必ず失敗します。

    妻の大切さに気づき、幸せもお金も一緒に引き寄せましょう。

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 272ページ
    2015年03月20日 発行
    ISBN 978-4-426-11895-2
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

本書「まえがき」より抜粋
本書のタイトルは「妻は最高の投資物件である。」です。
妻という人間を「投資物件」というモノのような表現をしていることに、不愉快を感じる人がいるかもしれません。
しかし、私が本書で言いたいことは、決して「妻をモノのように扱え」ということではありません。
むしろ、それとは全く逆のことを知ってもらうために本書を執筆しました。

アベノミクスにより株高が進み、一見景気が上向いたかのように思えますが、一般サラリーマンの多くは、依然として生活に不安を覚えているのが現実です。
絶対安定と言われている大企業であっても、突然倒産の憂き目に遭うことがあります。
また、5年前10年前には、「まさかこの企業が……」と言われるような好業績をあげていた会社が、リストラや大規模な希望退職の募集を始めるなど、サラリーマンにとっては依然として不安な状況が続いています。
そんなサラリーマンの生活の不安を払拭するのが、あなたの隣にいる「妻」という身近な存在なのです。
それに気がついていないサラリーマンがあまりにも多いため、そこに1秒でも早く気がついて欲しい!!という思いから本書を執筆しました。

本書を通じ、一人でも多くのサラリーマンが「妻」の貴重さに気づき、素晴らしい人生を送ることができるよう祈っています。

ページの先頭へ