HOME > 法律実用・学習書 > 人事労務・労働法 > 有期労働契約の無期転換がわかる本

法律実用・学習書

人事労務・労働法

有期労働契約の無期転換がわかる本

有期労働契約の無期転換がわかる本
待ったなし!2018年4月から本格発生!
  • 通常販売
  • 岡田 良則
  • 社員からの「無期転換申込み」への準備はできていますか?
     

  • 定価 1,188 円(本体 1,100 円 + 税)
    A5 判/ 112ページ
    2017年06月09日 発行
    ISBN 978-4-426-12292-8
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

2018年度から本格的に発生する「無期転換権」。
有期契約の「契約社員」「パート」「アルバイト」「嘱託社員」は、通算5年ですべて対象に! 従業員が1人でも対象になります!

有期労働契約のおらさいから、労働契約法改正による「無期転換ルール」のしくみ、トラブルにならない雇い止め、無期社員化後の待遇はどうするか、必要な就業規則の見直し・改定など、企業が準備しておくべきことをやさしく解説します。

著者紹介

岡田 良則 (おかだ よしのり)

岡田人事労務管理事務所所長/株式会社ワーク・アビリティ代表取締役、東京都社会保険労 務士会会員。1965年生まれ。日本ビクター株式会社で生産管理に従事、会計事務所勤務、株式会社コンサ ル・コープを経て、現職。各企業の就業規則の作成、賃金体系・社内諸制度の構築をはじめ、 人事全般にわたる指導を手掛けながら、講師、執筆と幅広く活動している。
主な著書に、「人材派遣のことならこの1冊」「退職・転職を考えたらこの1冊」(自由国民社)、 「就業規則と人事・労務の社内規程集」「賃金制度を変えるならこの1冊」「育児介護休業の実務 と手続き」(共著、自由国民社)、「事例解説 賃金退職金制度」「ケーススタディ 労働基準法」 (共著、第一法規)などがある。

目次

●巻頭
2018年問題と有期労働契約に関する労働契約法の改正事項
社内の検討作業・準備作業とスケジュール

●第1章 企業と有期契約の労働者
有期契約労働者が注目されている
正規労働者、非正規労働者とは何か
有期労働契約は契約期間に制限がある
有期労働契約の雇止めには予告義務がある
有期労働契約の更新をするかしないか明確に
有期契約労働者にも通勤手当を支給する
有期労働契約が無期労働契約とみなされることがある

●第1章 無期転換ルールのしくみ
Q1誰がいつ無期契約への転換を申し込めるのですか?
Q2有期契約は連続していないと無期転換権はないのでしょうか?
Q3無期転換ルールの特例とはなんですが?
Q4高度専門職にも無期転換の特例があるのですか?
Q5定年後の継続雇用者にも特例はありますか?
Q6無期転換の特例は認定を受ければよいのですか?
Q7大学の教員等にも無期転換の特例がありますか?

●第2章 無期転換後の労務管理
Q1無期契約に転換されると正社員になれるのですか?
Q2無期転換後の従業員の活用はどうすればよいでしょうか?
Q3限定正社員とはどのような社員ですか?
Q4限定正社員は解雇しやすいのですか?
Q5無期転換回避のため有期雇用の上限を設けたいのですが?
コラム 非正規の8割は無期転換ルールを知らず

●第3章 無期転換と就業規則の準備
Q1無期転換後の就業規則は新たに作るべきですか?
Q2無期転換までのルールは規定しておくべきでしょうか?
Q3無期転換後の労働条件に「別段の定め」を設けるべきですか?

●巻末 モデル就業規則や参照条文など
・多様な正社員及び無期転換ルールに係るモデル就業規則と解説
・就業規則の規定例「多様な正社員」の普及・拡大のための有識者懇談会報告書
・無期労働契約転換申込書
・無期労働契約転換申込み受理通知書
・「無期転換ルール」の特例の対象者に行うべき適切な雇用管理上の措置
・第一種計画認定・変更申請
・第二種計画認定・変更申請
・参考となる法令と条文

ページの先頭へ