HOME > 法律実用・学習書 > 書式・契約書 > ポイントチェック・契約書の作り方(第4版)

法律実用・学習書

書式・契約書

ポイントチェック・契約書の作り方(第4版)

ポイントチェック・契約書の作り方(第4版)
  • 通常販売
  • 弁護士  山崎 郁雄
  • ポイントを読んでコツと急所がすぐわかる!

  • 定価 2,160 円(本体 2,000 円 + 税)
    A5 判/ 352ページ
    2016年08月02日 発行
    ISBN 978-4-426-12153-2
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
ベテラン弁護士が親切に実例アドバイス。書き方の基本や用語の意味から解説。絶対必要な条項・有害危険な条項がわかる。豊富なサンプルをみてすぐに作成にかかれる。巻頭グラフ=見てわかる・ミスのない契約書の作り方。
 

著者紹介

弁護士  山崎 郁雄 (やまざき いくお)
昭和5年東京生まれ。一橋大学経済学部卒業後、同大学法学部に学士入学、昭和30年卒業。同年4月総理府事務官、公正取引委員会事務局審査部に勤務。31 年司法試験合格、34年弁護士登録(第2東京弁護士会所属)。著書に『契約書式の作成全集』(編著)『民法の基礎知識』『悪質借家人を追い出す家主の正攻 法』『ポイントチェック・契約書の作り方』(以上、自由国民社)等がある。雑誌論文多数。山崎法律事務所。
 

目次

1章 契約書とこれに関連する文書の作り方―契約を証明する文書にはどんなものがあるか
2章 契約書作成前に知っておきたいこと―これだけ知っていないと正しい契約書は作れない
3章 契約書作成の際の注意事項は何か―実際に契約書を作成するときの必須心得18か条
4章 実例に学ぶ各種契約書の作り方―書式例とポイント解説で契約書作成の実際を知ろう
5章 契約書が無い場合の解決法と実際例―何とかならないか?こうすれば大丈夫
6章 債権回収のために絶対必要な条項・有害危険な条項の実際例―こんなにある契約書作成の急所と落とし穴
7章 誤用・混同を防ぐための契約用語の基本知識―間違いだらけの契約書を作らないためのチェック項目
ページの先頭へ