HOME > 法律実用・学習書 > 人事労務・労働法 > 労働法の基本がわかる(改訂第11版)

法律実用・学習書

人事労務・労働法

労働法の基本がわかる(改訂第11版)

やさしく解説
労働法の基本がわかる(改訂第11版)
  • 通常販売
  • 著 /  佐々木 力
    校閲協力 /  社会保険労務士  後藤 喜惠子
    校閲協力 /  社会保険労務士  柳澤 美枝子
  • 労働条件、人事、非正社員など、職場の問題をわかりやすく解説。派遣法、労働契約法、高年齢者雇用安定法の改正に対応しました。

  • 定価 1,728 円(本体 1,600 円 + 税)
    A5 判/ 352ページ
    2016年06月03日 発行
    ISBN 978-4-426-12118-1
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
労働時間、休日、賃金、就業規則、労働災害などの労働条件に関する事項。採用、服務規律、人事異動、懲戒、退職、解雇などの人事に関する事項。有期契約社員、パートタイマー、嘱託、派遣社員などの正社員以外に関する事項。職場トラブルの解決の指針。知らないと損するかもしれない、知っていれば得するかもしれない、でも労働法なんてむずかしそう…。そう思っている人にお勧めします!パート労働法、労働者派遣法、育児介護休業制度等の改正に対応。
(労働基準法・育児介護休業法の改正(平成22年4月・6月施行)に対応)
 

著者紹介

著 /  佐々木 力 (ささき つとむ)

宮城県出身。東北大学法学部卒。
財団法人労働法令協会で労務管理の調査・研究に従事し、調査部長として活躍した後に退職。昭和40年に人事制度研究所を開設し、以来、人事・労務管理のコンサルティング、講演、執筆などで活躍。人事・労務分野の執筆では分かりやすさで定評がある。
「図解・労働法がわかる本」(日本実業出版社)、「就業規則・賃金規程のつくり方」「箇条書き・労働法」(中央経済社)、「部下を持つ人・職場の法律常識」(PHP研究所)など、著書多数。

目次

第1部 労働条件に関する事項(労働時間、休憩、休日、変形労働時間制、フレックスタイム制、みなし労働時間制、時間外・休日労働、深夜業、休暇、休業、賃金、賞与、就業規則、労使協定、労働災害)
第2部 人事に関する事項(採用、服務規律、人事異動、男女均等、懲戒、損害賠償、退職、解雇)
第3部 正社員以外に関する事項(有期契約社員、パートタイマー、嘱託、派遣社員)
ページの先頭へ