HOME > 法律実用・学習書 > 会社設立・経営実務 > 平成26年必携改正会社法の実務

法律実用・学習書

会社設立・経営実務

平成26年必携改正会社法の実務

会社法務部・実務関係者・中小企業経営者に役立つ!
平成26年必携改正会社法の実務
  • 通常販売
  • 東京弁護士会親和全期会
  • ビジネス法務のエキスパート弁護士17人が結集して改正会社法の内容を完全解説!
    社外取締役等の要件の見直し、監査等委員会設置会社制度の創設、多重代表訴訟制度の創設、キャッシュアウトなど上場企業・大企業のみならず中小企業への影響についても解説。会社法施行規則改正に対応。

  • 定価 3,240 円(本体 3,000 円 + 税)
    A5 判/ 284ページ
    2015年06月12日 発行
    ISBN 978-4-426-11932-4
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

社外取締役等の要件の見直し、監査等委員会設置会社制度の創設、多重代表訴訟制度の創設、キャッシュアウトなど上場企業・大企業のみならず中小企業への影響についても完全解説。会社法施行規則改正に対応。

【本書のポイント】
①ビジネス法務のエキスパート弁護士17人が結集して改正会社法の内容を完全解説。
②監査等委員会、多重代表訴訟、キャッシュアウトなどの新たな制度について豊富な図表を交えてわかりやすく解説。
③中小企業経営者が留意すべき事項についても丁寧に解説

著者紹介

東京弁護士会親和全期会

親和全期会は、東京弁護士会の会派(政策団体)の一つである法曹親和会内で、弁護士登録15年以下の会員で構成されている団体であり、会員数は約1,000名である。

ページの先頭へ