HOME > 法律実用・学習書 > 年金・保険 > 個人年金を考えるならこの1冊

法律実用・学習書

年金・保険

個人年金を考えるならこの1冊

はじめの一歩
個人年金を考えるならこの1冊
  • 通常販売
  • 国際保険総合研究所 所長  三田村 京
  • 公的年金だけでは
    安心して
    暮らせない!

  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    A5 判/ 144ページ
    2014年09月16日 発行
    ISBN 978-4-426-11827-3
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
公的年金だけでは安心して暮らせない!
しくみと損得を知って自分の老後を守ろう!
あなたの老後を守るマネープランをズバリ指南。個人年金保険の「正しい使い方」教えます。
 

著者紹介

国際保険総合研究所 所長  三田村 京 (みたむら きょう)

東京生まれ。長年勤務した大手生命保険会社を退職後、国際保険総合研究所を開設。

徹底した消費者の目線で、生命保険の在り方を研究。正しい生命保険の考え方についての講演、指導、相談をはじめ、テレビ出演や新聞・雑誌執筆など多方面で 活躍。「抱き合わせ保険」「アカウント方型保険」「更新型」「転換」の問題点などを最初に指摘、後悔のない生命保険の入り方・やめ方のアドバイスを大胆・ 詳細に展開している。一般消費者からの保険相談も受けている。
著書に、『あなたの生命保険 損か得か教えます!』『総改訂 失敗しない生命保険の入り方・やめ方』『こんな生命保険は今すぐやめなさい!』(以上、中経 出版)、『知らないと大損 生保選び100の法則』(草思社)、『これで安心 あなたの生保』(日本評論社)、『生命保険で損する人、得する人』(幻冬 舎)、『今、見直さないと生命保険は「紙クズ」になる!』(総合法令出版)『生命保険で損をしたくないならこの1冊』(自由国民社)がある。

目次

第1章 年金だけで楽に暮らしたいが(年金だけで、楽に暮らしたい―基本は喜んで税金を納められる国家であること
いくらあれば、楽に暮らせるのか―上を見ればキリがなく、でも下にはなりたくない
公的年金は、あてになるのか―スタートから間違ってしまった公的年金 ほか)
第2章 個人年金保険を知るために(なぜ、個人年金保険が必要なのか―家計簿を整理してみる
個人年金保険には、いつ加入したらよいのか―入るなら、1日でも早い方がトク
個人年金保険はどんな年金か、その種類は―長く受け取りたい、でも… ほか)
第3章 個人年金保険で損をしないために(個人年金にも、税金はかかる―お金が動けば、税務署の目も動く
離婚したら、個人年金保険はどうなるか―その個人年金保険の契約形態によって…
個人年金保険よりもっと有利なものはないか―一長一短だが、無いことはない ほか)
ページの先頭へ