HOME > 法律実用・学習書 > 家と土地・不動産登記 > 理想の家を手に入れる魔法の1枚シート─幸せがつづく住まいの扉、開けてみませんか?

法律実用・学習書

家と土地・不動産登記

理想の家を手に入れる魔法の1枚シート─幸せがつづく住まいの扉、開けてみませんか?

理想の家を手に入れる魔法の1枚シート─幸せがつづく住まいの扉、開けてみませんか?
  • 通常販売
  • ハウジングコーチ協会 代表理事 一級建築士  平田 広幸
  • 住宅業界初!
    コーチングを活用した家づくり
    潜在意識の声を聞けば、あなたの「理想の家」がわかる
    リフォーム、家賃物件選びにも!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 224ページ
    2013年12月30日 発行
    ISBN 978-4-426-11649-1
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
ようこそ、理想の家へ!
 
◆住宅業界初! コーチングによる家づくり
潜在意識の声を聞けば、あなたの「理想の家」がわかる。
リフォーム、賃貸物件選びにも! 
 
◇著者「はじめに」より抜粋
「他人の金で自分の好きなものを作れるやりがいのある仕事」
 
これは実際に私が建築を学んでいる頃に聞いた教えであり、当時は私もその考え方を自然と受け入れていました。
ちなみに私の建築関係の友人からも「同じようなことを言われたことがある」と聞きます。日本で建築を学ぶと程度の差こそあるものの、このような価値観を教わって社会に出て仕事を始めます。
 
このように「自分の好きなものを作りたい」といった価値観を持って仕事をしている人に、「自分の夢がかなう人生で一度の家を建てたい」人が家づくりを依頼したら、一体どんなことが起こるでしょうか?
答えは簡単に想像できますよね。
双方とも自分の好きなものを作りたいと思っているわけですから、さまざまな問題が起こることは容易に想像がつきます。
でも、これが今までも、そして今現在も、数多く起こっていることです。
 
本来は他人の金で作るのですから、依頼者の好きなものを作るのが仕事のはずですが、なぜか「自分の好きな」ものであって「依頼者の好きな」ものではないのです。
なぜ、いつからこのような価値観が生まれたかは分かりませんし、なぜ「他人の金で依頼者が好きなものを作る仕事」だという教えにならなかったのかも分かりません。
 
世の中に住宅づくりの本はたくさん出版されています。間取りの仕方や素材の選び方といった本もあります。
でもこれらでは「残念な家」はなくなりません。
残念な家とは「もう一回建てたい」「こんなはずじゃなかった」といった、家主の理想でない家のことを指します。住宅と言えば住宅性能やら品質、耐久性に目が向きがちですが、理想の家づくりを成功するためのポイントは実は全然違うところにあります。
この本ではそのポイントについてお伝えし、どうしたらあなたが住まいづくりに成功するかを明らかにします。
 

著者紹介

ハウジングコーチ協会 代表理事 一級建築士  平田 広幸 (ひらた ひろゆき)
1992年 武蔵工業大学工学部建築学科を卒業後渡米。帰国後1996年~2008年まで建築企画・設計事務所に勤務。商業施設、集合住宅など不動産開発案件の企画・設計業務に携わる。
2008年 建築設計事務所として株式会社アルキメデスを設立し独立。ザバススポーツクラブ、ジェクサーフィットネス、ナフスポーツといったスポーツクラブや温浴施設・レストランなど商業施設、及び個人住宅の新築・リフォーム、土地オーナー向けの不動産開発などの企画・設計業務を行っている。
2013年 社団法人ハウジングコーチ協会を設立。日本で初めてコーチングを家づくりに取り入れ、〝依頼主が潜在的に持つ価値観を引き出してカタチにする〟技術を広めるために、新しい資格制度「ハウジングコーチ」を立ち上げ、育成・普及活動中。
願いは「コーチングによる家づくりで、一人でも多くの人が自分の価値観に気付いて理想の家を作って欲しい。」
 

目次

第1章 ちょっと待った! その家住んではいけません
第2章 理想の家をつくるための考え方
第3章 あなたの「理想」を言葉にする方法
第4章 理想の住まいが見えてくる「魔法の1枚シート」の作り方
第5章 1枚シートから、理想を形にする方法
巻末 魔法の1枚シート
ページの先頭へ