HOME > 法律実用・学習書 > 人事労務・労働法 > 社員切りに負けない!

法律実用・学習書

人事労務・労働法

社員切りに負けない!

社員切りに負けない!
  • 通常販売
  • 東京管理職ユニオン書記次長  鈴木 剛
  • 拡大する「リストラ」「ロックアウト解雇」「解雇圧力」「職場いじめ」…。理由なき解雇に立ち向かうための、対処法マニュアル。

  • 定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)
    A5 判/ 160ページ
    2010年04月09日 発行
    ISBN 978-4-426-10961-5
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

今までの「リストラ」では、解雇以前の退職勧奨の段階で社内への立ち入りを禁じるようなことはほとんどなかった。それが、とうとう日本でも最近の「社員切り」の中で、退職勧奨の段階で会社への立ち入りを禁じ、本人に諦めさせて退職を無理矢理受け入れさせる「ロックアウト解雇」が顕著になってきた。「派遣切り」に続き、拡大する「正社員切り」「ロックアウト解雇」の実例を、東京管理職ユニオンに殺到している相談事例を中心に紹介し、その実態と背景、対処法、相談先を伝える。泣き寝入りすることなく新たな出発のための「闘い方」がわかる。「リストラの危機」に備えるための「心構え」に。

【推薦】森永卓郎(経済アナリスト)

著者紹介

東京管理職ユニオン書記次長  鈴木 剛 (すずき たけし)

1968年生まれ。早稲田大学卒業。テレビ報道番組の制作会社、仕事おこしの協同組合である日本労働者協同組合連合会センター事業団を経て、労働/生存組合運動の活動家に。現在、東京管理職ユニオン書記次長、全国コミュニティ・ユニオン連合会(JCUF・全国ユニオン)全国委員、フリーター全般労働組合執行委員。

目次

◆第1章 解雇の具体例
相談件数は倍増の勢い/いきなりセキュリティカードを取り上げられる/警備員が雇われ物理的に出勤を妨げられる/400人をロックアウト解雇/低すぎる退職条件かゼロかの選択迫られ/正社員のはずが契約満了で解雇/ロックアウトで生活破綻の危機/いまも続く「リストラ部屋」/「ランク・アンド・ヤンク」による「下位10%」のリストラ

◆第2章 「ロックアウト解雇」を生み出した背景
新自由主義政策と労働分野の規制緩和/内外からの雇用流動化の圧力/リーマン・ショックのゴタゴタのなかで/生存権と就労権を踏みにじる民事再生法/新自由主義経済から社会連帯経済への転換を/社内で相談しにくいからこそ外部の労組に

◆第3章 立ち上がれば解決できる
労働組合(ユニオン)とは/加入から団体交渉、争議まで/団体交渉を拒否したため労働委員会あっせんで解決/団体交渉で解決/複数の力で団体交渉、働く者の誇りを取り戻す/腹を据えて労働審判で係争中/退職条件を数倍に引き上げて解決/団体交渉と裁判の合わせ技で係争中/仲間づくりで「リストラ部屋」に対抗/現代に再生・新生する労働組合の闘い/立ち上がれば解決できる

◆第4章 社員切りに負けない対処法
解雇なのか退職勧奨なのかを確かめよう/退職強要は違法である/脅迫的な退職強要に応じても「錯誤」として撤回できる/合意解約は解雇ではない/ロックアウトされたら/業務命令に従いながら就労の意思を主張する/会社都合の自宅待機では賃金を支払わなければならない/解雇されたときは解雇理由を書面で請求しよう/解雇と言われることを恐れるな!/自己都合退職は損/懲戒事由に気をつける/辞めずに休職する/休職時・解雇時の生活費確保

◆第5章 労働組合の法的根拠と闘い方
会社に組合があってもなくても個人加盟の組合に加入できる/労働組合がもつ強力な法的権利/組合に入ることで不利益な目に遭わないか/団体交渉はどのように進めるか/団体行動権を有効に活用する/あなたもユニオンに加入しませんか

◆第6章 座談会:ロックアウト解雇に遭った当事者が闘い方を語る

◆巻末:全国相談先一覧

ページの先頭へ