HOME > 絵本・児童書 > お子様に向けて > タイプ別「頭がよい子」になるヒント

絵本・児童書

お子様に向けて

タイプ別「頭がよい子」になるヒント

タイプ別「頭がよい子」になるヒント
  • 通常販売
  • 小児発達医  本田 真美
    木下 勝
  • 認知特性を知り、それに合った方法を取り入れて勉強していく――。教育現場でも活用してほしい学力を伸ばすヒントがここにあります!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 208ページ
    2015年07月16日 発行
    ISBN 978-4-426-11770-2
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

お父さん、お母さん、わが子の認知特性を知っていますか?
今の勉強法は、お子さんのタイプに合ったものだと、自信を持って言えますか?

「認知特性」とは、見たこと、聞いたこと、読んだことなどを頭の中で理解したり、整理したり、記憶したり、表現したりする方法のことで、主に次の6タイプに分けられます。
◎視覚優位者1 写真で記憶する「カメラタイプ」
◎視覚優位者2 時間と空間を操る「3Dタイプ」
◎言語優位者1 言語と映像を使いこなす「ファンタジータイプ」
◎言語優位者2 言葉を見るのがうまい「辞書タイプ」
◎聴覚優位者1 聞いて覚える「ラジオタイプ」
◎聴覚優位者2 聴覚が鋭い「サウンドタイプ」

子どもが抱えている問題点やつまずきの原因を、認知特性や能力という点から探ってみれば、気づかなかったことが見えてくるかもしれません。

著者紹介

小児発達医  本田 真美 (ほんだ まなみ)

東京都生まれ。医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、小児発達医。東京慈恵会医科大学卒業後、国立小児病院、国立成育医療研究センター、都立東部療育センターなどで肢体不自由児や発達障害児の臨床に携わる。2010年、世田谷区にニコこどもクリニックを開業。著書に『頭のいい子は、3歳からの「遊び」で決まる!』(PHP研究所)、『医師のつくった「頭のよさ」テスト』(光文社新書)、『誰にでも才能はある。問題はその「原石」をどう見つけて磨くかだ』(KADOKAWA)、『あなたの才能が10分でわかる40問テスト』(自由国民社)がある。

木下 勝 (きのした まさる)

大阪府生まれ。スタジオキャンパス副代表。大学在籍時から大手進学塾で教鞭(算数・数学・理科)をとり、難関校対策クラスを長年担当。その後、東京の自由が丘と三田に教場をかまえる中学受験指導スタジオキャンパスに指導の場を移し、独自の指導法を確立、首都圏難関校の合格を多く輩出している。中学受験算数・理科を担当。剣道4段。

目次

プロローグ
*本田40式認知特性テスト(大人版)
PART1 タイプを知ることが学力を伸ばす近道になる
*子どもの認知特性テスト
PART2 「頭がよい」とはどういうことか考えよう
PART3 能力がわかれば苦手な理由がわかる
PART4 勉強をする前にお母さんに知っておいてほしいこと
PART5 子どもに合った勉強法を知ろう!

ページの先頭へ